社内研修&コンクール

社員一人ひとりのスキル向上とキャリアアップのために、定期的な教育・研修を実施しています。調理、精肉加工技術、お客様へのおもてなし...等々、伝統の技と心を活かし、正しい技術を徹底して身につけるため、現場にて実践的な研修を行っています。
また、経営理念の浸透と具現化を主な目的とした研修の実施、資格取得支援制度の構築など従業員のモラルアップ並びにモチベーションの向上を図っています。

人材育成の取り組み

[ 研修の実施 ]
新入社員研修、中途導入研修、新卒フォローアップ研修(入社6ヶ月・1年次・3年次・5年次)、接客研修、階層別研修、考課者研修、部門別研修、柿安アカデミー資格支援制度構築
[ 自己啓発支援制度構築 ]
惣菜管理士資格支援からスタートし、自己啓発促進のための資格取得支援を推進。現在も充実拡大に努めています。

おもてなしの心コンテスト

当社における接客サービスの基本は「おもてなしの心」です。お客様のことを常に考え、お客様の喜ぶことを常にする姿勢こそが「柿安のおもてなし」と定義しています。当社では、毎年、接客サービスに従事する全スタッフを対象とした接客コンクール「おもてなしの心コンテスト」を実施。日ごろの業を競い合うことで、接客力の更なる向上を図り、常に最高の接客サービスの提供を目指しています。

料理コンテスト

当社の生命線でもある"おいしさ"を提供する1,500名を超える料理スタッフ。柿安の味の伝承と料理スタッフの創作力向上を目的に「料理コンテスト」を行っています。グランプリ作品の商品化など料理スタッフのモチベーション向上に資するのみならず、売上貢献にも繋がっています。

研修センター

桑名本社と東京本部に、研修センターを設置しています。研修センターは、キッチン機能を有しており、新メニューの開発はもとより、食育、キャリア教育を目的とした地元の小学生向け料理教室も行っています。